ルーンおまじない (11) 目上の人と上手くやるおまじない

8月13日~19日 
ルーンでおまじない  11
  
古代北欧のルーン文字には魔力があります。 
占いにつかうだけでなく、特定の文字をお守りのように持つことで北欧の神々の叡智を受け取ることができるのです! 
どんな時にどの文字を持つと効果があるか、ご紹介していきます。 

今週は… 

★ 親戚や、目上の人と円満に付き合えるおまじない ★ 

お盆ウィーク到来です! 
楽しく遊びに行く方もいらっしゃる一方、親戚付き合い鬱々としている方も多いのではないでしょうか。 
実際占いの相談者さんの中には、旦那さんの実家に帰ることを試練と捉えている方が多いのです。 

普段あまり合わない親戚や、お姑さん、お嫁さん、よく知らない地域の人達と、無理なく円満に過ごせたらきっと楽しい夏休みになりますよね! 
そんな時に、ぴったりのルーンおまじないはこちら! 



古いしきたりを表す「オセル」 
こちらの文字をお守りとして身につけましょう♪ 

オセルには、伝統を守り年長者を敬うという意味があります。 
この文字をお守りにすることで、あなたは礼儀正しく空気を読む行動をとることができるようになるでしょう。その結果、周囲の人達の信頼を獲得しますよ。 
思っている以上に可愛がってもらえたり良いアドバイスがもらえるかもしれません。 
また、ご先祖様のご加護もあるでしょう。 


【使い方】 
  
①携帯待ち受けをルーン文字「オセル」 にする。 
上の写真でもよいですし、画像検索してもでてます。または自分で紙に「オセル」を書き、写真に撮り、待受け画面に設定しましょう。 
  
②手帳やノート、よく使うものにペンで書いておく。 
持ち歩く、よく目にすることが大切です。 
  
③パワーストーンのルーンストーンで「オセル」を持ちあるく。 
Amazonなどで買えます。 
  
④【秘儀】目立ちにくい手の甲など、身体の一部ににこっそりペンで「オセル」を書いてしまう。怪しまれないように自分しか見えない場所に書きましょう。 
  
              
  
如何でしたか(*^^*) 
帰省のおまもりに「オセル」連れて行って見てくださいね。 


  

  

★ルーン文字の意味はこちら

★過去のおまじない&開運情報はこちら

 

★ルーン占い講座案内はこちら


★有栖川ゆり鑑定スケジュール等はトップページから