ルーンおまじない①勇気が欲しい時

毎週月曜日、愛月先生と共に開運方法をお届けします🎶

 

6月4日~

ルーンでおまじない①  

 

古代北欧のルーン文字には魔力があります。

 

占いにつかうだけでなく、特定の文字をお守りのように持つことで北欧の神々の叡智を受け取ることができるのです!

 

どんな時にどの文字を持つと効果があるか、ご紹介していきます。

 

      

 

あと一歩が踏み出せない…勇気が欲しい時のお呪い★

 

 

・あの人とご飯に行きたいけど誘えない

・謝りたいのに謝れない

・仕事を辞めたいけど踏ん切りがつかない

・メールやLINEの送信ボタンがなかなか押せない

 

あと少しの決断力が必要な時、わかっているのにブレーキをかけてしまう事ありますよね。

 

 

そんな後一歩の勇気が欲しい時は、これ

 

 

 

「ティール」を身につけて下さい。

 

「ティール」は北欧神話に登場する戦いの神様。

何がなんでも目的を達成する強い意志を与えてくれます。

 

失敗したらどうしよう…断られたら恥ずかしい…

といったネガティブな気持ちは、ティール神にふっとばしてもらいましょう!!

素晴らしい未来の可能性を自分で狭めてしまうなんて、もったいないですよ!

 

 

【使い方】

 

①携帯待ち受けを「ティール」にする。

上の写真でもよいですし、画像検索してもでてます。または自分で紙に「⬆️(ティール)」を書き、写真に撮り、待受け画面に設定しましょう。

 

②手帳やノート、よく使うものにペンで書いておく。

持ち歩く、よく目にすることが大切です。

 

③パワーストーンのルーンストーンで「ティール」を持ちあるく。

Amazonなどで買えます。

 

④【秘儀】目立ちにくい手の甲など、身体の一部ににこっそりペンで「ティール  ⬆️」を書いてしまう。怪しまれないように自分しか見えない場所に書きましょう。

 

 

 

如何でしたでしょうか(*^^*)

 

決断力が欲しい時はティール神の力を借りて勇気と勝利を手に入れましょう!

 

☆ルーン占い「ティール」の意味はこちら