· 

ルーン解説 9  ハガル

今日は「ハガル」の説明です。

このルーンは、「雹 ひょう」です。

古代北欧では農耕が盛んでした。
そこに突然降り注ぐ氷の塊...
当たると痛いし、農作物は痛むし、「雹」はとても恐れられていました。

占いでは、怖いルーンというより、何かビックリすることが起きる時にでるわ。


同窓会に行ったら元彼が結婚していた...とか

八百屋でネギを買ったら、その後寄ったスーパーのほうが安かった...とか

田舎の親の予定外の訪問...とか

事の大小は様々だけど「えーーーー?!」て感じのルーンです(^_^;)

「ハガル」にも上下はありません。
これがでたら、とにかく何か驚くことが起こるの。

後になって(あー、これがハガルの出来事だったのか...)と納得することが多い、わかりやすいルーンです。


☆まとめ☆
「ハガル」は衝撃のルーン。