· 

ルーン解説 13  ユル

今日のルーンは【ユル】。13番目のルーンです。


「ユル」は死と再生のルーン。

この「ユル」とは、北欧の墓地に植えられているイチイの木をあらわしています。
死者を導く道を示し、そして死者の復活を願ってイチイの木を植える習慣があるそうです。

「ユル」がでた時は、何かが終わって、違うものが始まって行く...という段階です。

同じ状態で物事を続けていくのは難しいでしょう。

ただ、「終わり」と聞いてもネガティブに捉えてはいけません。

悪いことが「終わる」のかもしれないし、今までと「形がかわる」だけなのかもしれません。


恋愛ででると、

「恋人と別れて新しいスタートをきる時」

と読むこともあるのだけど、

「恋人同士だった2人が、結婚して夫婦になる」

そんなタイミングも「ユル」にあたります。

特に恋愛で出た時は「関係を変える時」という意味合いが強い気がしますね。


「ユル」には「復活」の意味があるのだけど、以前と同じ状態での復活ではないので注意して下さい。
レベルアップした復活、違う場所での復活、新しいスタート、そんな風に考えるとわかりやすいです。
昔のやり方を変えて、全く違う方法に切り替えると上手く回ったりしますよ。


☆まとめ☆

「ユル」は終わりと始まりのルーン